内臓が疲れると腰痛や肩こりになる?

こんにちは( ´ ▽ ` )
ながさわ整体院の長澤です。

本日のテーマは
「内臓が疲れると腰痛や肩こりになる?」
です。

 

内臓が疲れると腰痛や肩こりになる?って言われても
みなさんピンとこないですよね(^_^;)

例えば
冷たいお水や脂っこいものをたくさん食べると
どこの内臓が負担かかるでしょうか?




正解は「胃」です。

冷たいものや脂っこいものを過剰に食べると
胃の粘膜や細胞が破壊されて、胃が荒れた状態になります。
この状態を「内臓が疲れた状態」といいます。
つまり内臓が荒れていて、通常通りに頑張れない状態のことを指します。

では、本題に入ります。
なぜ、内臓が疲れると腰痛や肩こりになるんでしょうね?

内臓が疲れると、破壊された粘膜や細胞を直そうと、細胞や組織が集まります。
すると、細胞や組織が集まった内臓はいつもの内臓より重くなるんですね。

そして、ほとんどの内臓はお腹にあります。

お腹が重くなると、姿勢はどうなるでしょう?

そう、猫背になるんですね〜(−_−;)


猫背が長時間続くとどうなるでしょう?

腰痛や肩こりの出来上がりですね( T_T)\(^-^ )

 

今回は、簡単に説明しましたが
このように、内臓が疲れると腰痛や肩こりになるんですね

では、どうしたら内臓が疲れないのでしょうか?
それは次回のブログで・・・

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!!

 

 

ながさわ整体院
〒639-3324
奈良県吉野郡吉野町香束365−1

TEL 080−8046−4971
8:00〜21:00 不定休

予約優先制

24時間ネット予約はこちらをクリック

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA